鉄で未来を 未来の鉄を yamato

Our Steel, Your Future
ーAt a Glanceー

豊かな社会の実現に
貢献するものづくり企業

大和工業は1944年の創業以来、鉄道軌道用品、
鋳鋼品、そして鉄鋼製品と一貫して「鉄」の
ものづくり企業として社会インフラの発展に
貢献してまいりました。

電炉による製鉄

わたしたちは半世紀以上、寿命を全うした鉄スクラップを
電気のアーク熱で溶解、新たな鉄鋼製品として蘇らせる
電炉(電気炉)事業を手掛けています。

資源循環によるサーキュラーエコノミーの実践と、
高炉製法よりも大幅に少ない CO2排出量での生産が
可能であり、社会のサステナビリティにも貢献しています。

社会インフラを支える
鉄事業

わたしたちは数ある鉄鋼製品の中でも、土木・建築に
用いられるH形鋼を中心とする「形鋼」を主力製品と
し、その他、大型船舶の船尾骨材や、鉄道軌道用品
の製造など、「鉄」で社会インフラを支える事業を行
っています。

世界の優良企業との
パートナーシップ

大和工業は1987年の米国進出を皮切りに、
東南アジア、中東、韓国と世界8か国に展開。
需要が堅実な市場や今後インフラ投資の伸びが
期待できる新興国などに拠点を持ち、
その国の成長に寄与しています。

さらに現地の商習慣やマーケットに精通した優良企業を
パートナーに迎え、大和工業の「ものづくりの技術」と、
パートナーの現地での経営ノウハウを融合させることで、
合弁事業(JV=Joint Venture)を拡大・発展させています。

その背景にあるのは“JV first”の理念。
短期的な株主利益よりも、合弁事業が必要とする設備等への
投資を最優先することで、サステナブルな成長を続けています。

Nucor-Yamato Steel Company

※国旗をクリックすると海外拠点の詳細が表示されます。

国・所在地米国 アーカンソー州ブライズビル
設立1987年2月
出資比率49% 持分法適用会社
主な製造品種形鋼
条鋼製品生産能力(圧延力)230万ton
URLhttp://www.nucoryamato.com/
合弁パートナーNucor

米国最大手の鉄鋼メーカー。同社は大和工業との合弁で初めてH形鋼の製造を手掛けました。大和がH形鋼製造のノウハウを、ニューコアが米国鉄鋼業界の知識をそれぞれ注入。2社で立ち上げたニューコアヤマトスチール(Nucor Yamato Steel)は1987年の立ち上げから現在に至るまで、競争の激しい北米マーケットに於いて形鋼トップクラスのシェアを獲得し、順調に成長を続けております。

TOP INTERVIEW
全米最大の鉄鋼メーカーとの
Joint Venture

Nucor-Yamato Steel Company
Jon Witherow
Vice president & General Manager

インタビューを読む

鉄のリーディング
カンパニー
への挑戦

「鉄」「技術」「グローバル」、そして「ものづくりへの終わりなき挑戦」これがわたしたちのキーワードです。

これからも、世界を舞台に「鉄」の新たな価値を創造し、世界のインフラを支える“鉄のリーディングカンパニー”を目指してまいります。

そして、電炉メーカーであるわたしたちの事業展開は、世界共通の課題となっているカーボンニュートラルへ向けた取り組みでもあると考えています。

大和工業は「2030年ありたい姿」を「形鋼グローバルNo1としての地位(量×収益力)を確固たるものとし、新たな事業領域でも挑戦を続けている」と定め、「コア事業である形鋼事業の強靭化」と「新たな鉄・インフラ・グリーン事業領域への進出」を重点戦略として、サステナブルな社会の実現に向け、新たな挑戦を続けてまいります。

  • 1944
    大和工業株式会社の創立

  • 1949
    市川工場稼働

  • 1956
    仁豊野工場稼働

  • 1959
    当社製エル一式15トン電気炉1基を増設

  • 1961
    網干工場の設立

  • 1961
    40トン電気炉1基稼働

  • 1969
    重機械加工部門を新設

  • 1975
    ユニバーサル・ミル圧延工場稼働

鉄鋼製品の作り方