大和工業株式会社

JP/EN

GLOBALグローバル展開

年

国内電炉メーカーの中で

いちはやく海外展開を開始

1944年に兵庫県姫路市で創業した大和工業は、国内電炉メーカーの中でもいちはやく海外展開を開始。1987年に米国、1992年にはタイへ進出し、その後2000年以降も韓国、バーレーン、サウジアラビアと、海外での事業を拡大してきました。
各国拠点で、製造から販売までを一貫して行う体制を築き、各国、各地域の社会インフラを支えるモノづくりに取り組んでいます。

グループ全体従業員数
人のうち
海外拠点従業員数
人

積極的な海外展開の結果、今やグループ全体従業員の約85%は海外拠点の従業員。各国の現地パートナーとの強固な信頼関係の下、それぞれの海外事業を発展させてきました。

※持分法適用会社を含む

グループ全体の鉄鋼製品生産能力
年間
万トン
=
TOKYO TOWER
TOKYO TOWER
×
海外拠点の生産能力
約
%が
国内拠点の生産能力
約
%が

グループ全体の鉄鋼製品生産能力は年間約640万トンで、これは東京タワー1,600個分に相当します。
このうち約90%が海外拠点によるものです。

※持分法適用会社を含む ※Licensed by TOKYO TOWER

姫路から世界へ

大和工業グループは兵庫県姫路市から世界各地に事業を展開するグローバル企業です。
グループ従業員が一丸となって、鉄鋼製品の製造から販売までを現地でトータルに行う体制を築き、世界の社会インフラを支えるモノづくりに取り組んでいます。

大和グループ海外生産拠点

海外への飽くなき挑戦

海外への飽くなき挑戦

大和工業グループは、国内電炉メーカーの中でトップクラスの利益実績を誇っています。
経常利益のうち、約7割が海外拠点からもたらされたものであり、当社グループの成長の源泉は、その海外展開にあると言えます。
1980年代に国内電炉メーカーの中で、いちはやく米国に進出し、1992年にはタイへ、その後も韓国、バーレーン、サウジアラビアと、海外での事業を拡大してきました。

モノづくりへの情熱

モノづくりへの情熱

大和工業グループが、電炉メーカーとしては日本でも数少ないグローバル企業に成長した最大の理由は、その「モノづくりへの情熱」にあると考えています。
日本国内で培われた技術を基盤に、米国の電炉大手ニューコア社やタイ国の王室系財閥企業サイアムセメント社のような優良企業を現地パートナーとし、パートナーは経営支援、当社グループは技術支援に注力することでそれぞれの役割を明確にし、パートナーとの信頼関係を構築。その信頼関係の下、それぞれの海外事業を発展させてきました。
これからも「モノづくりへの情熱」をもとに、グローバル企業として世界の産業の発展に貢献していきます。

OVERSEAS BASES主な海外拠点

  • Nucor Yamato Steel Company(米国)

    Nucor Yamato Steel Company風景

    出資パートナーは、米国最大の鉄鋼会社であるニューコア社。688万㎡と甲子園球場178個分の広大な敷地に、年間250万トン(注)超の生産能力を誇る巨大工場を有しています。世界最大サイズのH形鋼(1,100x400mm)を製造できる米国内唯一の工場でもあります。
    (注)ショートトン

  • Arkansas Steel Associates LLC(米国)

    Arkansas Steel Associates LLC風景

    米国鉄道業界で広いネットワークを有する住友商事が出資パートナー。レールと枕木を固定するタイプレートを生産しており、製鋼・圧延・加工、全ての工程を一貫して行っています。

  • Siam Yamato Steel Co., Ltd.(タイ)

    Siam Yamato Steel Co., Ltd.風景

    タイ国におけるトップ企業の一社であるサイアムセメント社が出資パートナー。それまで鉄筋を用いた建築が主流であったタイや近隣諸国において、タイ国内唯一のH形鋼製造メーカーとして、工期短縮・大型建築を実現する形鋼製品の流通拡大に貢献してきました。

  • YK Steel Corporation(韓国)

    YK Steel Corporation風景

    大和工業グループ内において唯一、鉄筋棒鋼の製造を行っています。生産された鉄筋は、韓国国内のマンション等の建築物に幅広く使用されています。

  • SULB Company BSC(c)(バーレーン)
    United SULB Company ("Saudi Sulb") LLC
    (サウジアラビア)

    SULB Company BSC(c)風景

    中東を拠点に、欧州・アフリカを含む幅広いエリアに製品を輸出。スクラップではなく鉄鉱石ペレットを原料とするDRI(直接還元鉄)製法を採用しています。

PAGE TOP