大和工業グループ

JP / EN

HOME企業情報>沿革

沿革

1944年(昭和19年)11月 兵庫県播磨郡御国野村(現・姫路市)にて代表者:井上浅次が資本金19万8000円をもって、川西航空機(株)の姫路地区協力工場として創立。
1945年(昭和20年)8月 国鉄、各私鉄の軌道用品製作ならびに修理事業に転換。
1948年(昭和23年)2月 東京営業所を開設。
1951年(昭和26年)5月 大阪営業所を開設。
1958年(昭和33年)9月 鋳鋼品の製造を仁豊野工場で開始。
1960年(昭和35年)4月 仁豊野工場に大形圧延工場完成、本邦唯一の軌道付属品一貫メーカーとなる。
1961年(昭和36年)12月 新設網干工場、40トン電気炉1基稼働。
1962年(昭和37年)3月 姫路市に大和商事株式会社(現・連結子会社)を設立。
9月 株式を東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場。
本社工場に鉄骨橋梁部門(重工課)を新設。
1969年(昭和44年)11月 重機械加工部門を新設。
1973年(昭和48年)6月 1号連続鋳造設備稼働。
1975年(昭和50年)11月 ユニバーサル・ミル圧延工場稼働。
1987年(昭和62年)1月 米国にヤマトホールディング コーポレーション(現・連結子会社)を設立。
2月 米国にニューコア・ヤマト・スチールカンパニーを設立。
1989年(平成元年)6月 米国にヤマトコウギョウ(ユー・エス・エー)コーポレーション(現・連結子会社)を設立。
9月 米国にアーカンソー・スチール・アソシエイツLLCを設立。
1992年(平成4年)4月 タイ国にサイアム・ヤマト・スチールカンパニーリミテッド(現・連結子会社)を設立。
2002年(平成14年)3月 米国にヤマトコウギョウ アメリカ・インク(現・連結子会社)を設立。
4月 軌道用品事業を分社分割し、大和軌道製造株式会社(現・連結子会社)を設立。
11月 韓国にヤマト・コリア・スチールコーポレーション(現・連結子会社)を設立。
2003年(平成15年)10月 鉄鋼事業および重工加工品事業を分社分割し、ヤマトスチール株式会社(現・連結子会社)を設立し、大和工業(株)は持株会社に移行。
2005年(平成17年)7月 ヤマト・コリア・スチールコーポレーションがワイケー・スチールコーポレーションに商号変更。
2009年(平成21年)2月 バーレーン国にフーラス社との合弁によるユナイテッド・スチール・カンパニー(スルブ)BSC(c)を設立。
2010年(平成22年)3月 サイアム・ヤマト・スチールカンパニーリミテッドにおいて第2工場稼働。
2011年(平成23年)6月 サウジアラビア王国にフーラス社との合弁によるユナイテッド・スルブカンパニー(サウジスルブ)LLCを設立。
2013年(平成25年)5月 ユナイテッド・スチール・カンパニー(スルブ)BSC(c)がスルブカンパニーBSC(c)に商号変更。