HOME > 会社情報 > 沿革

会社情報

沿革

沿革

昭和19年11月
兵庫県飾磨郡御国野村(現・姫路市)に代表者井上浅次が川西航空機(株)姫路地区協力工場として、大和工業株式会社を創立
昭和20年8月
終戦に伴い国鉄・各私鉄の軌道用品製作、並びに修理事業に転換
昭和33年9月
鋳鋼品の製造を仁豊野工場で開始
昭和36年12月
新設網干工場(現・本社工場)で40トン電気炉1基稼動
昭和37年1月
網干工場で厚板圧延工場稼動
昭和37年9月
鉄骨橋梁部門(現・重工部門)新設
昭和43年5月
厚板生産を廃止
昭和44年11月
重機械加工部門(現・重工部門)新設
昭和48年5月
1号連鋳機新設(2ストランド)
昭和48年8月
50トン電気炉1基稼動(旧40トン電気炉の刷新)
昭和50年11月
ユニバーサル・ミル圧延工場稼動
昭和53年3月
2号連鋳機稼動(1ストランド)
昭和54年3月
40トン電気炉1基稼動
昭和62年2月
No.1取鍋精錬炉稼動
平成3年10月
4ストランドBB/BL兼用型連続鋳造設備稼動(旧1号・2号連続鋳造設備の刷新)
平成8年4月
130トン直流電気炉稼動(旧40トン、50トン電気炉の刷新)
平成8年4月
No.2取鍋精錬炉稼動
平成11年8月
製品倉庫1新設
平成12年9月
製鋼集塵機刷新
平成12年12月
ISO9001取得
平成13年3月
ウォーキングビーム加熱炉稼動(旧プッシャー炉の刷新)
平成13年5月
H700生産開始
平成15年10月
大和工業株式会社の鉄鋼部門と重工部門を併せて分社化し、ヤマトスチール株式会社を設立
平成18年1月
取鍋予熱装置及びタンディッシュ予熱装置ガス化
平成18年8月
管理センター新設
平成18年8月
UF主機刷新
平成18年9月
H800生産開始
平成18年12月
ISO14001取得
平成19年4月
電気炉直引集塵機更新
平成20年1月
UR主機刷新
平成20年2月
製品倉庫2新設
平成20年3月
E主機刷新
平成20年9月
モデル圧延実験棟新設
平成20年12月
電気炉多機能バーナー新設
平成23年2月
H900生産開始
平成25年6月
電気炉スラグ破砕装置導入
平成28年10月
BD主機更新
平成31年1月
電気炉予熱装置(SSP)更新

Top